JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2014-04-01 23:04:15

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,163
    マイトピック
    投稿を見る

    【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    完成から大分経っていますが、去年9月に発売されたイカロス出版の『MMカラーリングマニュアル』掲載作品を少し紹介したいと思います。

    mini_IMG_8583.jpg
    mini_IMG_8595.jpg
    mini_dieostfront001.jpg
    mini_dieostfront063.jpg

    タミヤ製品の本ということで使用キットはタミヤのみというレギュレーションでしたが、タミヤ製品に飯ごうがないので飯ごうパーツのみレジンキットから流用しました。あとは1/16ワールドフィギュアシリーズ、建物スクラッチ用のプラバン、スチレンボード、ブラ棒などまで含めタミヤ製品を使って製作しました。(割れた窓ガラスなども余ったタミヤのクリアランナーを使い、ちゃんとタミヤ製です。 smile )

    製作日数4ヶ月を要したのですが大半は構想を練ったり脳内モデリングをしたりして考えている時間の方が圧倒的に長かった気がします。

    ペインティングはいつも通り全面的にJo Sonjaアクリルを使いましたが、MG42とStG44はタミヤエナメルのフラットブラックとプリンターズインクのシルバーを使いました。

    ご意見ご感想ご質問などありましたらお気軽にポストして下さい。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    22 人が「いいね!」と言っています。:REV3, Guest, 俊兄, Nasi kandar, マック, gaoo, たーさん, すこっつ, oshipin, E.danke, sugark, HIKARU, ふぁっとまん, picotang, パッヘルベル, panzervati, Dora, 木蘭, けんけん, hiranuma, myouchin, 宮崎一誠

    #2 2014-04-02 00:28:56

    俊兄
    Member
    登録日: 2011-11-27
    投稿: 85
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    何と言いましょうか、この兵士たちの周囲の空気をもまとめて作られているような臨場感の凄さや迫力を感じます。
    切り取られた作品の外側を、いい意味ですごく想像しやすいのです。
    戦場に轟く轟音や兵士の切迫感、敵兵の接近等々・・・。
    構図も素晴らしいですね!。兵士同士の会話や合図みたいなものを見た瞬間に想起してしまう程で、
    フィギュアの兵士たちが凄く良いお芝居をしています。
    私の様な者が偉そうに言うのもなんですが、良いフィギュアは良いお芝居をしていると感じますし、そう考えてもいます。
    だから自分で製作するフィギュアもそうありたいと思っています。あくまでも理想目標であって全然まだまだですけどね。(^^;

    実のところ、MMカラーリングマニュアルはタイトルからしてマニュアル本の様な内容でMMWSみたいな作例集的な本ではないのかな、
    と勝手に想像して購入を見送ってたんですが、ちょっと注文してみようと思いましたよ!。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #3 2014-04-02 08:21:27

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,163
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    >俊兄さん
    嬉しいコメント、ありがとうございます。実はこの作品、あまりフィードバックを得れてなくてどういう風に受け止められているのか全く分からなかったのでこういう感想を頂けるのはホント嬉しいですし、次につながります。

    大戦末期の重々しい空気感と、3体フィギュアの構図にはホント、頭を使いました。なかなかイメージが湧かなかったり、試してみた微妙な角度が気に入らなかったり・・・・
    MG42の兵士は、StG44の兵士に意識を向けて話を聞きつつも視線は先を見ようとしている・・・という微妙な視線を表現したかったのですがなかなか難しかったです。

    私も良いフィギュアは良い芝居をしている、という考えに賛同します。私は模型作品のフィギュアというのは小さな俳優みたいなものだと思ってます。

    MMカラーリングマニュアル、ぜひ手に取ってみて下さい。ページ数の制限からまだまだ書ききれない&伝いきれていない事が沢山ありますが、読んでいただけると嬉しいです。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #4 2014-04-03 23:33:24

    picotang
    Member
    登録日: 2011-11-04
    投稿: 154
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    都内の某有名店の入口横のショーケース、
    上段のいちばん良いスペースに展示してあります。
    3月の頭頃から飾ってありました。

    掲載誌のことは存じませんでしたが、
    作品のただならぬ気配に、「もしや管理人様の作では?」と思っておりましたが
    やはりそうでしたか、勘が当たりました(笑)

    いつも行くたびに時間をかけてじっくり拝見していたのですが
    今日も雨の中、ミニチュアパークからの帰り、
    いつになくしっかり見学させてもらいました。

    衣服は高荷絵画風のようにゴツく、意図的と思しいほど荒々しく塗られているのに
    表情のほうは、非常に繊細に塗られていました。
    鬼気迫る深刻な表情なんですが、なんとも寂しそうな、哀しそうな
    哀愁のある目なんですよね。

    ああいう表情というのは、かなり研鑽を積まないと、ちょっと書けませんね。
    僭越ですが、「自分もこういうふうになろう」と店内で奮起させていただきました(笑)。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, Kazufumi

    #5 2014-04-04 11:32:29

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,163
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    >picotangさん
    私の作とも掲載誌の事も知らずに予備知識なくご覧になっていただけていただけでなく、そういう感想を持っていただけるというのはとても嬉しいです。
    ちなみに、展示店の伏せ字は不要です。「イエサブさん」と明記してOKですよ。 smile

    塗りに関しては、表情を際だたせるために(カメラでいえばフォーカスさせるような感じで)衣服や背景は筆致を残したりラフに塗ったりするのですが、これは完全に私の好みなので賛否両論あるところです。コンテスト向けだと手抜きと取られるので今後の課題のひとつでもあります。

    表情に関してそういう感想を持っていただいたのはとても嬉しいですね。怒りに満ちた鬼気迫る顔というのは結構みんなやっているので、私は違う方向性を狙いました。大戦後期の前線のやつれたドイツ兵の戦場写真などを見ていて勇猛果敢なドイツ兵といえども敗戦の恐怖を感じながら最後のあがきをしていたのかもしれない、という私の想像をそのまま表す気持ちで塗りました。

    余談ですが、壁に貼ってあるプロパガンダポスターの「Du bist front」は「You are the front」という意味で、最前線にいる兵士達とひっかける意味で使いました。
    あと、地面に落ちている投稿ビラは当時の実際の投稿ビラを1/16サイズにしたものを使用しています。(潰れててよく分かりませんが・・・)


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #6 2014-04-04 21:15:02

    panzervati
    Member
    登録日: 2011-06-06
    投稿: 639
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    ブラシワークもさることながら色が良く発っていて素晴らしいです。
    フィギュアにもかなり手が入っているだろうなと(タミヤのキットは良くわからないのです←ほとんど見てないw)見受けました。
    狭い空間で3体使った構成は難しいのですが高さを使ってリアルな戦場の緊迫感を演出しているのは流石です。
    画像ではピンと来ませんがおそらく1/16という大きさで作品はかなりの迫力があるでしょうね。

    こういう作品がもっと出てくると日本もまんざらじゃないなと思いますよ。
    メーカーにも頑張ってもらってもっとクオリティーの高い製品にしてもらいたいです。


    同じ色で下塗り3回。
    panzervati

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:gaoo, Guest

    #7 2014-04-04 23:32:05

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,163
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    >HIKARUさん
    コメントありがとうございます。書籍との兼ね合いもあるので闇雲に公開すること出来ませんが、製作過程の画像だけなら沢山あります。なにせ400枚以上撮影しましたから。 smile
    工作が終わった塗装前の状態はこんな感じです。
    mini_IMG_6667.jpgmini_IMG_6761.jpg

    >panzervatiさん
    狭い空間に高さを使って〜という部分に言及してくるとは鋭いですね。極力気づかれないように意識しました。 smile

    >メーカーにも頑張ってもらってもっとクオリティーの高い製品に
    タミヤの新しいナースホルンの3Dスキャンフィギュアが話題になっていますが、これだけ評判が良いとあれが今後のタミヤのフィギュアの流れになるでしょうね。
    1/16ワールドフィギュアシリーズにも波及して欲しいところです。(あのヘルメットの1/16版が欲しい)


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    5 人が「いいね!」と言っています。:Guest, ki-yeol yoon, パッヘルベル, 岩野 歩 (いわのふ), hiranuma

    #8 2014-04-05 01:03:57

    Nasi kandar
    Member
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 78
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    限られたベースの中で末期のドイツ国内の絶望的な市街戦の情景がとても表現されていると思います。
    3人の兵士のバラバラな軍装や鹵獲のPPShが、そんなドイツ軍の逼迫した状況をさらに引き立てているように見えました。

    このヴィネットでStG44を持つ兵士が着ているウォーターパターンの迷彩はドイツ軍のAFVの迷彩を思わせる境目の
    ぼやけた具合が個人的に気に入っているのですが、模型誌等では中々見かけないので塗装の際の勉強になりますね。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, Guest

    #9 2014-04-05 10:27:27

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,163
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    >Nasi kandar さん
    >3人の兵士のバラバラな軍装や鹵獲のPPSh

    まさにそれを狙いました。 smile  『MMカラーリングマニュアル』のテーマの一つが迷彩だったので異なった迷彩を盛り込みたかったというのもあります。リバーシブルのトラウザーズは実際には白を表にすることは少なかったようですが(雪の中でもない限り目立ちますしね)、この辺は視覚的な面白さを演出するためのものです。

    ウォーターパターンの迷彩はまさにドイツ軍ぽい迷彩パターンですよね。実際のアノラックのパターンを見ると時期によって色もパターンも若干の変更があったりしてなかなか難しいのですけどね。ぼかしもぼんやりしたものやくっきりしたものがあったり。今回全て筆塗りしましたが、ぼかし部分は1/16サイズだとエアブラシで吹く方が簡単に出来るかもしれません。

    >panzervatiさん
    言及がありましたので、他のタミヤの1/16をあまり知らない方のためにも、補足です。

    キットは、いくつかのキットから色々流用して使いました。

    手前の2人とStG44はこちらのキットから。
    ★1/16 ワールドフィギュアシリーズ No.4
    WWII ドイツ冬期装備歩兵 (防寒戦闘服)
    http://www.tamiya.com/japan/products/li … /36304.htm

    下半身の一部をこちらのキットから。
    ★1/16 ワールドフィギュアシリーズ No.3
    WWII ドイツ戦闘歩兵 (迷彩野戦服)
    http://www.tamiya.com/japan/products/li … /36303.htm

    MG42と、コート兵士の上半身、ブーツの一部はこちらのキットから。
    ★1/16 ワールドフィギュアシリーズ No.6
    WWII ドイツ機関銃手 (後期型オーバーコート)
    http://www.tamiya.com/japan/products/li … /36306.htm

    PPshはこちらから。
    ★1/16 ワールドフィギュアシリーズ No.14
    WWII ロシア野戦指揮官
    http://www.tamiya.com/japan/products/36 … /index.htm


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    3 人が「いいね!」と言っています。:ふぁっとまん, Guest, Nasi kandar

    #10 2014-04-11 05:58:57

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,163
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【MMカラーリングマニュアル掲載作品】『Die Ostfront 1945』(タミヤ1/16)

    書籍に掲載されなかったボツ画像で恐縮ですが、MG42を構えるフィギュアの改造過程をご紹介します。

    使用キットは「 No.4 WWII ドイツ冬期装備歩兵 (防寒戦闘服)」です。知っている方はご存知の通り、仁王立ちのフィギュアなので、大改造となりました。
    普通モナカキットのポーズ変更は中を埋めてから曲げる方法をとる人が多いと思いますが、私の場合は銅線でアーマチュアをつくり、それでポーズを作ってから「着せるように」パーツを被せていく手法をとりました。

    この方法の利点は、

    1)「キットのパーツに自分のやりたいことが引っ張られる」意識をなくせる事
    2)プロポーションの破綻を軽減出来ること
    3)パーツとプロポーションの位置をキープしながらポージングを試行錯誤するのが圧倒的に楽

    という事です。特に1)は私の中では最重要ポイントですね。

    最初はこのような感じでスタートしました。かなりムリヤリというか・・・力技なのが分かると思います。 smile
    mini_IMG_5146.jpg

    パテで整えつつ、ポーズも微調整していきました。直立フィギュアのパーツの制限が多々あるため、この段階まで何度もやり直ししています。
    ちなみに使っているパテもレギュレーションを守ってタミヤ製パテを使用しています。
    mini_IMG_5744.jpg

    顔は最初にキットの顔をベースに大まかに彫り込んだ後パテで大幅に改造しました。
    mini_IMG_5738.jpg

    改造完成。
    mini_IMG_6270.jpg

    塗装開始。この角度が個人的には好きだったのですが、最終的にはレイアウトの都合で見づらくなりました。
    mini_IMG_8349.jpg

    ・・・と、こういう感じで改造しました。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    16 人が「いいね!」と言っています。:マック, 岩野 歩 (いわのふ), 才谷社中, Guest, gaoo, パッヘルベル, HIKARU, ふぁっとまん, REV3, Nasi kandar, すこっつ, 宮崎一誠, Dora, hiranuma, myouchin, キム

    Board footer