JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2011-10-31 15:11:11

    エインセル
    Member
    From: 奈良県
    登録日: 2011-05-21
    投稿: 118
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    M4(105) Howitzer Tank

    去る9月に開催された、関西AFVの会向けに制作していた物が、ようやく完成(苦笑)しました。

    ドラゴンモデルの別ブランド、サイバーホビーのキットです。
    キットの内容は、新規に全てのパーツを作り起こすのではなく、既存のキットから使えるパーツを流用、無い部分のみを新しく制作する、という方式なので、完成後もランナーにはパーツが結構、残りますね。

    キットの名称、M4(105)の名前が入っているのは、ランナー1つだけで、他のランナーの製品名にはM4A2,M4DV等、キットとは違う名前が(苦笑)

    制作に関しては、組立説明書に色々と不備があったり、他のキットパーツの寄せ集めなので、予想はしていましたが、説明書では組み合わせるよう指定されているパーツが組み合わなかったりと、色々と手こずりました。
    ディティールアップパーツは、履帯にブロンコモデルのT48 TRACK、ライトガードに紙創り、アンテナにFormationsの製品を使用しました。

    mini_m4105h01_1_1.jpegmini_m4105h02_1.jpegmini_m4105h03_2_1.jpeg

    米軍戦車の塗装色、オリーブドラブですが、色合いに幅があり、どのように塗るか迷っていたんですが、邦人さんが制作したM4A3(76)Wが良い感じだったので、制作記を参考に塗装、緑味の強いオリーブドラブにしてみました。

    製作記に書かれていた、色を塗ってから、車体色を重ねるフィルタリング法も一緒に試してみましたが、隠し味になる予定の下色が、完成後もはっきりと見えてしまい、妙な雰囲気になってしまいました・・・・
    いきなり本番をおこなわず、事前に試し塗り等、しておくべきでしたね。mini_m4105h05_1.jpeg

    車体上部の汚しは、土埃や乗員が乗り降りする際に付いた泥等が雨でダマになった感じを出す為に、溶剤で溶いたピグメントを使用してちまちまと施しました。mini_m4105h07_2_20111030-2331.jpegmini_m4105h08_1.jpeg
    米軍車両の特徴である雑多な積荷は、各種の市販製品を組み合わせてみました。
    ただ、取って付けたような感じがぬぐえないので、単に積むのではなく、自作した布類を絡ませるとか密着感を出さないと駄目ですね。

    車体前部にはフェンダーの間に板を渡し、そこに積荷を積んでいますが、板はキットには付いていないので、プラ板で自作、木材らしく塗装し、上に積荷を積みました。
    ライトはクリアーパーツなので、レンズ部分をマスキング後、シルバーを塗ってから車体色を塗装し、最後にマスキングを剥がして仕上げています。

    mini_m4105h09_2.jpeg
    星マークは実車写真を見ると、剥がれが激しいので、それを表現する為に、車体色を塗装後、シリコンバリアーを塗り、星型をマスキング、上からホワイトを吹き付け、乾燥後、爪楊枝などで擦って剥がしました。

    mini_m4105h13_1.jpeg
    足回りの汚れは、実車写真を見ると全体が埃色になっていますが、それを再現すると単調になるので、車体色がほのかに見えつつ、濃淡が付いた汚れが付いているように施してみました。

    mini_m4105h12_2.jpeg
    戦車兵は、S&T Productsのレジンフィギュアです。
    右手に持ったタバコも含めて、1パーツで膝下に段差や気泡がありましたが、造形は良いですね。
    ただ、タバコは注意してたんですが、塗装中に折れてしまったので、真鍮線に置き換えています。
    塗装はハンブロールを下塗りしてから、ファレホカラー、ライフカラーで仕上げました。

    mini_m4105h11_3_20111030-2333.jpeg
    完成後、説明書のトラップが発覚。
    車体上部右側、並んだ棒状の装備品がありますが、説明書では両方とも鉄色で塗装するよう指示されていますが、実車では片方は木製のようです・・・・

    オフライン

    4 人が「いいね!」と言っています。:Guest, 宮崎一誠, E.danke, Kazufumi

    #2 2011-10-31 16:18:37

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: M4(105) Howitzer Tank

    荷物のなかのぬいぐるみとかおもしろいですね。

    ライトもイイ感じに仕上がっていて感心しました。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #3 2011-10-31 17:41:03

    E.danke
    Member
    登録日: 2011-05-19
    投稿: 1,917
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: M4(105) Howitzer Tank

    完成おめでとうございます。

    車体の塗装は、塗料やピグメントなど何色も使っておられますが、全体のトーンはオリーブに上手くまとまっていると思います。とてもいい雰囲気だと思います。

    装備品のフィッティングですが、車体のディティールに合わせて装備品をリューターなどで削ってフィットさせるのが基本ですが、私は時に車体側のディティールを削って平面にしてしまうこともあります。どうしても隙間が出来るときは書いておられるようにシートやカムフラージュネットなどで隙間を埋めるのも有効ですね。シュラフやシート類は、エインセルさんならパテで自作される方が手間は省けるようにも思います。
    あと、装備品を止めているロープも一本ではなく、細めのものでクロスに何重にもしたり、ロープがかかっているところを窪めたりするとリアリティが増します。落っこちそうな後部のジェリカンやシートなども荷掛けされるとイイ感じになると思います。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #4 2011-10-31 18:10:19

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,165
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: M4(105) Howitzer Tank

    完成おめでとうございます!
    退色した緑寄りのオリーブドラブと剥がれ、上品な汚し具合などが私的にヒット!です。いいですねー。

    フィギュアはS&T(今はなき?)のあのジョン・ローゼングランド原型のものですね? 実は私も2つ持っていますが、厳密な1/35スケールで、顔もホーネットなどに比べてとても小さめですがよく塗りましたね。奇麗に仕上がっていると思います。
    ひとつだけ、左目(こちらからみて右側)が若干大きいのが気になりました。もう少し白目比率を小さくしてもいいかなと思います。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #5 2011-11-01 15:40:17

    エインセル
    Member
    From: 奈良県
    登録日: 2011-05-21
    投稿: 118
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: M4(105) Howitzer Tank

    コメント、ありがとうございます。

    >宮崎一誠さん
    ぬいぐるみは、どういう積荷を積んでるか、資料写真を色々と見ていると、ジェリカンや弾薬箱、毛布のような、軍用物資以外の、鍋やフライパン、自転車等々の品物が積まれているのが散見できるので、そういう軍用物資以外の物を積むと面白いかなあと、ストックを探していたら、何故か出てきた(笑)ので使ってみました。

    ライトは全体がクリアーパーツで成形されていて最初、見たときはぎょっとしましたが、仕上がりはレンズ部のみクリアーパーツの物と遜色ないので、ライトの形状、大きさにもよりますが、こういう成形もありかと。
    あと、ペリスコープもクリアーパーツで成形されていたので、それを活かそうとガラス面をマスキングしてるんですが、完成後はそんなに目立たなかったり(苦笑)

    >E.dankeさん
    車体の塗装は、下色が隠し味にならずにかなり焦りましたが、汚しまくって、何とか誤魔化せたかなあと。
    全体のトーンは、車体色を残しつつ汚れて埃っぽい感じ、を頭において汚しなどを施していて、あまり深く考えてない(苦笑)んですが、そう感じていただけたのなら嬉しいです。

    積載品は積荷側は仮組み時に結構、削り込んでいるんですが、車体側を削る勇気は無かったです。
    書かれているように、シュラフ、シート類は自作した方がフィッティングが良いので今後、制作する時は、積荷も計画的に制作したほうが良いですね。
    装備品を止めるロープは手持ちの麻糸で細い物を使用しましたが、今、見直すとまだ太いようです、もっと細い水糸等を使い、あちこちを括ったほうが良いですね。

    >kazufumiさん
    車体色については思うような仕上がりにならずに納得できない部分もあるんですが、汚しについては上にも書いたように、車体色を残しつつ汚れて埃っぽい感じ、はある程度表現できたかなと。

    フィギュアはご指摘のとおり、ジョン・ローゼングラント原型の物です。
    S&T Productsは120mmのドイツ兵で知っていたものの、1/35のフィギュアを出しているのは知らなかったんですが、数年前、海外のショップでヒストリカルフィギュアを注文する際、在るのに気が付いて、一緒に購入しました。
    必要に駆られて購入したのではなく、いずれ機会が有ったら使うつもりだったので、購入後は長い間、お休みでしたが、ようやく、出させてあげることが出来ました。

    眼の塗りは、指摘の件は気が付いていたんですが、今回はヒストリカルフィギュアのような主役ではなく、なんというか、戦車の装備品(笑)のようなポジションなので、それ程気合を入れて塗ってないですね。

    いつかは、戦車がグランドで、その上でフィギュアが主役をはるような物を制作したいとは思っていますが。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    Board footer