JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2013-07-23 21:54:00

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    This work is my first trial of spotty sunlight modulation.
    It was a difficult trial for me.

    This kit is cyber-hobby 1/35AFV Super Value Pack Yagdpanzer IV/70(A).

    mini_3_20130723-0429.jpg
    これは木漏れ日モジュレーションに挑戦したはじめての作品です。
    かなり難しくてすんたもんだしました。

    ベースキットはオレンジボックスの旧版四号駆逐戦車L70(A)です。

    mini_1.jpg



    mini_2_20130723-0414.jpg

    オフライン

    15 人が「いいね!」と言っています。:ki-yeol yoon, Guest, ツカサ, gaoo, ダントン, ドデン二式, すこっつ, たーさん, REV3, HIKARU, エインセル, Kazufumi, おさる, demobird, Jamie Stokes

    #2 2013-07-23 23:27:42

    REV3
    Member
    From: 福岡県古賀市
    登録日: 2012-03-11
    投稿: 895
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    なんか印象派って感じですね。


    必要は発明の母、そして愛は心の仕事!

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #3 2013-07-24 17:32:20

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    REV3さん、コメントありがとうございます!

    REV3 さんの発言:

    なんか印象派って感じですね。

    実際の印象派は、1839年に発表された写真機に対する危機感から、若い画家たちが色彩と形態の主観的表現に向かっていきました。
    リアリティではかなわないと思ったのでしょうね。

    わたしは「リアリティとインプレッションを両立させた模型」という理想を追い求めたところから、こうした表現に取り組むことになりました。

    ところが現実は、技術が未熟なためにその両立は困難です(泣)。

    それゆえ開き直って、リアリティ追求のアンチテーゼとして「こんな塗り方もあるよ」という提案的作例となってます。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, REV3

    #4 2013-07-24 18:08:23

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    HIKARUさん、コメントありがとうございます!

    HIKARU さんの発言:

    戦車の存在感が強く感じられて、とてもリアリティーがありますね。 big_smile

    完成おめでとうございます。 wink

    HIKARU smile

    歴史的考古学的に正しい解釈を求めて、ドイツの三色迷彩を塗る塗装法は、決定版と言える塗料の出現で極まりました。

    その後モデラーは、ダークイエローだけをパステル調にしたり、グリーンの彩度を高くしたり、全体の彩度を高くしたり、あるいは低くしたりと独自の調色を施し独自のカラーコンビネーションで個性的な世界観を主張するようになりました。

    さらには光学変調を積極的に取り入れた作品が登場し、一世を風靡しています。

    この作品は光学変調の一種と言える「スポッティサンライトモジュレーション(木漏れ日表現)」を再現してみました。


    この車輌のイメージとして、森の中にたたずむ風情がとても似合いそうと思ったからでもあります。
    (制空権を失っているという時代背景もかもしだせるかと思ったんです)


    まあ、いろいろ考えはあって塗り始めたのですが、
    絵でさえ、こうした表現で塗った経験もなく、苦労しましたねー。

    まだまだなんですが、「存在感が強く感じられて」と言っていただけて塗った甲斐がありました。

    未熟な作品にも効用はあります。

    「オレならこうするな」と思ってもらえれば、さらに進化した作品が登場するかもしれないからです。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, gaoo

    #5 2013-07-27 16:07:19

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    These are additional images.

    mini_1_20130727-0056.jpg

    追加の画像です。
    mini_2_20130727-0057.jpg


    mini_3_20130727-0057.jpg


    mini_4_20130727-0058.jpg

    オフライン

    4 人が「いいね!」と言っています。:Guest, REV3, たーさん, gaoo

    #6 2013-07-27 21:35:45

    gaoo
    Member
    登録日: 2013-02-24
    投稿: 243
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    今回の作品を見てこのような塗装表現もあるのかと~!感心しております。

    前トピックにも触れられていますが、塗装についてつねに考えているのだろうなと…私にも想像できるのです。

    編集者 gaoo (2013-07-27 21:57:11)

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #7 2013-07-28 11:21:38

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    gaooさんへ、コメントありがとうございます!

    gaoo さんの発言:

    今回の作品を見てこのような塗装表現もあるのかと~!感心しております。

    前トピックにも触れられていますが、塗装についてつねに考えているのだろうなと…私にも想像できるのです。

    塗装表現に関しては、毎回新しく組み上がったキットに対面するたびに、
    これを際立たせ、魅力を引き出す新しい塗装法はないものかと思案を重ねています。

    だれもがまだ考えつかないおもしろい表現を編み出すことが、わたしにとっての創造のよろこびです。

    計画倒れになってしまうことも多々あるのですが、
    試行錯誤する中で新しい学びを得ています。

    今回も、
    木漏れ日のハイライト部分は葉っぱの隙間のようなカタチを想定して、最初は塗り始めたのですが、
    ピンホールプロジェクターのような効果で、太陽の丸いカタチがそのまま投影されるのが本当であると知りました。
    (日食だと、そのカタチがそのままハイライト部分のカタチに現れます)

    また、
    斜めの角度で到達した光は楕円形になり、その楕円の長軸が常に光を放射した光源の方向を指すということも意識的に理屈として理解することが出来ました。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, gaoo

    #8 2013-07-28 18:41:20

    panzervati
    Member
    登録日: 2011-06-06
    投稿: 639
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    迷彩パターンとは無関係な光の表現、というのはこの手の模型で初めて見ると思います。
    (というか、AFVですっ飛んだハイライトを入れる人はまずいない)

    ヒストリカルフィギュアではUボート艦内の赤い光のモノトーンで塗った作品がありましたが。

    技法としてとてもユニークでこうした試みは素晴らしいセンスだと思います。


    同じ色で下塗り3回。
    panzervati

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, gaoo

    #9 2013-07-28 21:13:29

    宮崎一誠
    Member
    From: 福岡県
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 227
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    panzervatiさん、コメントありがとうございます!

    panzervati さんの発言:

    迷彩パターンとは無関係な光の表現、というのはこの手の模型で初めて見ると思います。
    (というか、AFVですっ飛んだハイライトを入れる人はまずいない)

    ヒストリカルフィギュアではUボート艦内の赤い光のモノトーンで塗った作品がありましたが。

    技法としてとてもユニークでこうした試みは素晴らしいセンスだと思います。


    お褒めの言葉ありがとうございます(「すっ飛んだハイライトを入れる人はまずいない」という部分)!

    前衛で最先端を自任するわたくしとしましては、最高にうれしいお言葉です。

    アイディアに見合うだけの技術(フィギュアで用いられている緻密なグラデーションとか)に乏しくて、拡大するとアレなのですが、ともかくもユニークさを認めていただき光栄です。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, REV3

    #10 2013-07-28 22:35:35

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,140
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: スポッティサンライトモジュレーションの四号駆逐戦車

    これは斬新で面白いですね〜。
    panzervatiさんも仰っているように、ヒストリカルでは結構光を描く作風はありますね。最近では街灯の光を描いたりとかが流行ったりしてますが、木漏れ日は見た事がないです。
    カラーモジュレーションも光と影を意図的に演出するものですからこういう路線もアリだと思います。

    余談ですが、宮崎さんがブログで紹介していた書籍の「カラー&ライト」、私も購入しました。素晴らしい本ですね。紹介ありがとうございました。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, gaoo

    Board footer