JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2013-09-01 20:40:34

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 209
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    アルパインのレジンフィギュアを制作しました。

    それなりの大きさになると全身を仕上げるのはなかなかの労力で、また一般的なバストモデルと比べると小柄なためにヘッドの塗装に苦心したりもしました。

    そんなこんなで根負けした節もあり、写真にとって拡大してみると細部で粗が出てしまっているなという印象はあります。(舞台の設定も曖昧になってしまいました)

    ただ、こうして完成させてみますと、大きなフィギュアは完成した時の満足感も大きいのではないかなと思いました。また、小さなものでは出せない密度も魅力的だと思います。



    塗装はまたもタミヤエナメルです。トップコートはラッカー・Mr.カラーの「スーパークリアーつや消し」。泥汚れはパステルを使いました。

    今回初の試みとして、こちらのフォーラムで紹介されてましたネオジム磁石によるパーツの着脱を可能にしてみました。

    ヘッドとライフルを持つ手に仕込んでいます。

    破損防止にと思ったのですが、塗装時の利便性にも一役買う結果となりました。加工も真鍮線を通すよりは易しく感じましたので、もっと早くに真似てればと(笑


    mini_um1.jpgmini_um2.jpg
    mini_um3.jpgmini_m4_20130901-0500.jpg
    mini_um5.jpgmini_um8.jpg
    mini_um13.jpgmini_um12.jpg
    mini_DSCF0017.jpg

    オフライン

    18 人が「いいね!」と言っています。:Dora, Kazufumi, エインセル, HIKARU, demobird, Guest, ドデン二式, REV3, gaoo, 才谷社中, すこっつ, パッヘルベル, sugark, ツカサ, Silurian, 岩野 歩 (いわのふ), ki-yeol yoon, 宮崎一誠

    #2 2013-09-01 21:06:03

    Kazufumi
    Administrator
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,173
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    素晴らしい!S.Kikkaさんの塗装は見て誰が塗ったか分かる作者個性が確立されている感じがしますね。
    ヘリンボーンも丁寧で素晴らしいですし、顔と肌がまたとてもいい感じです。シワの陰影がまたナチュラルで素晴らしいのですが、どのように意識して塗りましたか?


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #3 2013-09-02 12:35:37

    gaoo
    Member
    登録日: 2013-02-24
    投稿: 243
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    激しい表情は、男性フィギュア特有のものですね。
    狙いどころがわかりやすい反面、自分の表現力のなさを考えると尻込みをしてしまいます…汗。

    ネオジムは小さくともよく着くので色々使用できそうですね。

    私も、飛行機模型の前輪式の機体に使えないかよく考えます。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #4 2013-09-03 00:55:55

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 209
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    >Kazufumiさん


    いやはや恐縮です。


    塗装に関しては、今年に入ってから自分の中で確立されてきたように思えます。

    今でも塗装は手順や色使いをフィギュア毎に変えて試行錯誤していますが、今回ヘッドを仕上げながら「あっ、なんかいつもの感じ…」と自分でも思ってました(笑

    エアモデルやAFVを作っていて思うのですが、個人的にはフィギュアが一番個性が出やすいような印象があります。


    ヘリンボーン、知らない単語だったのでググってみました。なるほど、あのジャケットでストライプに見えていたのは生地の模様…というよりは織り方によるものだったのですね。さらに耐久性の高い織り方と知って二重に納得しました。

    模様を描く際は、シワに上手く追従させるのが課題になると思いました。そこでモールドされている縫い目をガイドにし、端から順々に描き込んでいきました。


    肌、特に顔は色合いが悪くならないようにと気を付けています。ただ写真に撮ると赤身が飛んでしまうので、もっと赤を強く入れても良かったかなと。


    シワの陰影は塗装前にエアブラシで吹いた、黒サフ・白サフのグラデーションをガイドにしています。

    色にもよるみたいですがタミヤエナメルは余程ぶ厚く塗らない限りは下地が若干透けますので、一度薄めに基本色を下塗りした後、シャドウ~ハイライトを塗り込んでいく方法を取りました。

    また、筆の運びに迷った際は、ライトにかざして造型を確認しました。ずっと一方向から眺めていると、なんでもないような箇所がやたら難しく感じられました。

    編集者 S.Kikka (2013-09-03 00:57:46)

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #5 2013-09-03 01:15:16

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 209
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    >HIKARUさん

    ありがとうございます。質感は上手く表現したいと思っていたことの一つで、今回はだいぶ目的が達成できたように思えます。次は小物類にも気を配りたいところです。

    ストライプ状の模様は殆ど一発勝負でしたが、タミヤエナメルなので程度修正がきくというのがプレッシャーを大いに和らげてくれ、実はそこが一番大きかったかもしれません(笑

    表情は造形に助けられていますが、自分は色合い的にも重厚感を出すのが苦手ですので、このような激しい感情を表現するのはとても難しかったです。まだ表情に関しては研究が必要になりそうです。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #6 2013-09-03 01:28:39

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 209
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    >gaooさん

    表情もシーンも明確なフィギュアですので、「狙いどころがわかりやすい」というのは確かにありましたね。

    自分も普段作ってこなかった表情、そしてシーンでしたので、ひとつの挑戦としてこれを選んだのもありました。案外「案ずるより産むが易し」かもしれません。


    ネオジム磁石は強力すぎて着脱が大変ではないかと勝手に杞憂しておりましたが、今回使ってみたのはガレージキット用に販売されていた直径5mm以下の小さなものでしたので、実に丁度良い使い心地でした。

    工夫次第ではフィギュア以外でも使えそうですよね。展示用の運搬時に破損し易そうなパーツを着脱できるだけでリスクは軽減されそうな気がします。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #7 2013-09-03 10:45:00

    岩野 歩 (いわのふ)
    Member
    From: 静岡県
    登録日: 2011-05-20
    投稿: 102
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    完成おめでとうございます。

    激しい表情や細部まで手を抜かない表現がいいですね。ヨゴシもいいと思います。

    フィギュアも一つの表現媒体だと考えていますので、この作品のようなしっかりした方向性のあるフィギュアは素晴らしいと思います。


    私がフィギュアを作る動機は狂気である。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #8 2013-09-03 23:27:37

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 209
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 アメリカ海兵隊員 (1/16 120mm)

    >岩野 歩さん

    ありがとうございます。

    アルパインは細かなところまでモールドがシャープに入っていますので、それに応えられるようにと頑張りました。

    汚しについてですが、これは泥汚れですので乾いた状態と湿っている状態を留意してみましたが、もっと大げさにやらないとわかり辛いのかなと思いました。

    海外ドラマ「ザ・パシフィック」では前線の兵士が文字通り泥まみれになっていたのが印象的で、もっと大げさにやるのであればそれを真似てみるのも一つの手だったのですが、今回はあまり汚したくなかったのでこのように落ち着きました。泥んこの姿もいつか挑戦してみたいと思います。



    「フィギュアも一つの表現媒体」というのは何となくわかる気がします。また、今回はシーンの明確なフィギュアであり、自分なりにフィギュアで表現したいものがまとまってきたので、それが伝わったのだとすれば非常に喜ばしい限りです。もっともっと精進します。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    Board footer