JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2017-08-10 14:44:49

    木蘭
    Member
    登録日: 2011-05-19
    投稿: 104
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    1/35 WW1 フランス陸軍・戦車搭乗員

    mini_001_1000x1500.jpg
    キット:
      MENG-Model 1/35「French FT-17 Light Tank - Crew & Orderly」
    塗装:
      水性アクリルカラー各種


    自動車や鉄道、戦車の乗組員向けである黒革製ベスト(veston en cuie noir)を着用した第一次世界大戦のフランス陸軍戦車搭乗員を再現しました。

    当時の標準的なホライゾンブルーに染められた1914/15年型制服と脚絆、そして1917年型短靴を着用し、襟章とズボン側面縁飾りの色は(当時の戦車搭乗員が属した砲兵科の兵科色である)赤を身に付けています。
    黒革製ベストは1914年頃には登場したようですが、ハッキリとした導入年月日は分かりませんでした。戦後、次の大戦でも用いられている1920年型黒革ジャケット(Veston de cuir noir modèle 1920)に取って代わられます。
    頭に被っている黒いベレー帽は、帽章と共に1919年5月30日に制式導入されますが、それ以前にも帽章を付けずに車両の搭乗員に着用されていた様です。ただ、戦時中に用いられていたかは疑問です。
    首から提げているのは、破片から顔面を保護するマスクです。
    その他、首元には支給された濃紺の襟巻き、腰には1903/14年型ベルト、1916年型ホルスターを付けています。

    mini_002_20170809-2255.jpg

    フランス軍の軍装には明るくなく、今回、模型を作るにあたり資料を調べた程度ですので、間違い等が散見されると思います。ご指摘いただければ幸いです。

    因みに、手持ちぶさたなので紙巻きタバコを考え無しに持たせてしまいましたが、紙巻きタバコのシェアがパイプ用のタバコを上回るのは1920年代に入ってからで、WW1の戦場ではパイプが一般的だった様です。

    いつも完成作品は一眼レフで撮影していて再現度は比較的高いのですが、今回は少し現物と風合いが違う気がします。
    作業中のポケットカメラの方が色合いや質感が近いです・・・撮影は難しいですね。

    mini_p007.jpg

    オフライン

    7 人が「いいね!」と言っています。:hiranuma, REV3, パッヘルベル, ki-yeol yoon, Guest, myouchin, 源蔵

    #2 2017-08-11 14:47:35

    木蘭
    Member
    登録日: 2011-05-19
    投稿: 104
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 1/35 WW1 フランス陸軍・戦車搭乗員

    MENG-Modelの「French FT-17 Light Tank - Crew & Orderly」を用いて制作しましたが、結構、細かなところに手を加えましたので、それも記しておきたいと思います。

    このフィギュアキット、原型の出来も、プラモデルの製品としても、1/35スケールとして繊細さとディフォルメが良い塩梅で、とても好感が持てます。
    軍装の考証や再現も良好なのですが、一つ問題があって・・・それが黒革製ジャケットです。

    恐らく参考に為た資料が、André Jouineau著『French Army 1918: 1915 to Victory』(Histoire and Collections社)だと思われるのですが、この本のイラストの間違いや不完全さを、そのままトレースしてしまっています。
    mini_book001.jpg

    キットのフィギュアが身に付けているのは、イラストに描かれた「1920年型黒革ジャケット(Veston de cuir noir modèle 1920)」風の細部が怪しい代物です。
    これを下記のポイントを踏まえて、第一次大戦中に用いられた黒革製ジャケットに改修しました。

    ・胸の位置と背中に水平に入ったヨークのモールドを消す。
    ・後身頃の中央に縦に入った裁断のラインを消す。
    ・正面の左ボタン列にストライプを加える。
    ・袖口にベルトと留めボタンを追加する。
    ・省略されている襟の後ろ、肩、脇、袖、袖口の縫い目を追加。


    また、同じく描き忘れた(?)ズボンの側面に縁飾りの追加。
    更には、(インジェクションキットの制限故に)モールドが曖昧になっている1917年型短靴のディテールアップを施しました。

    mini_m003_20170809-2300.jpg

    詳しい考証や工作、塗装の軌跡を詳細に記すと長くなるので、興味がお有りの方は拙Blogの記事をご覧下さい。
    http://pehota.exblog.jp/237369820/

    オフライン

    4 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, hiranuma, パッヘルベル, Guest

    Board footer